2012年04月03日

review:内海聖史『シンプルなゲーム』《11/11、11/19、11/24、12/1、12/7、12/10

review:内海聖史『シンプルなゲーム』《11/11、11/19、11/24、12/1、12/7、12/10》

内海聖史『シンプルなゲーム』
void+
東京都港区南青山3-16-14-1F
11/11(金)〜12/10(土)日月祝休
14:00〜19:00

Satoshi Uchiumi "Simple Game"
void+
3-16-14-1F, Minami-Aoyama,Minato-ku,Tokyo
11/11(Fri)-12/10(Sat) closed on Sunday,Monday and national holiday
14:00-19:00




内海聖史_21.JPG



内海聖史_20.JPG

内海聖史_19.JPG

内海聖史_18.JPG


内海聖史_17.JPG 内海聖史_16.JPG 内海聖史_15.JPG

内海聖史_14.JPG 内海聖史_13.JPG 内海聖史_12.JPG

内海聖史_11.JPG 内海聖史_10.JPG 内海聖史_09.JPG

内海聖史_08.JPG



内海聖史_07.JPG

内海聖史_06.JPG



内海聖史_05.JPG

内海聖史_04.JPG 内海聖史_03.JPG 内海聖史_02.JPG

内海聖史_01.JPG




内海聖史_21.JPG



内海聖史_20.JPG


内海聖史_19.JPG 内海聖史_18.JPG 内海聖史_17.JPG

内海聖史_16.JPG 内海聖史_15.JPG 内海聖史_14.JPG

内海聖史_13.JPG 内海聖史_12.JPG 内海聖史_11.JPG

内海聖史_10.JPG



内海聖史_09.JPG 内海聖史_08.JPG 内海聖史_07.JPG 内海聖史_06.JPG

内海聖史_05.JPG 内海聖史_04.JPG 内海聖史_03.JPG 内海聖史_02.JPG

内海聖史_01.JPG




内海聖史_38.JPG



内海聖史_37.JPG


内海聖史_36.JPG 内海聖史_35.JPG 内海聖史_34.JPG

内海聖史_33.JPG

内海聖史_32.JPG 内海聖史_31.JPG 内海聖史_30.JPG

内海聖史_29.JPG

内海聖史_28.JPG 内海聖史_27.JPG 内海聖史_26.JPG 内海聖史_25.JPG

内海聖史_24.JPG

内海聖史_23.JPG 内海聖史_22.JPG 内海聖史_21.JPG

内海聖史_20.JPG

内海聖史_19.JPG 内海聖史_18.JPG 内海聖史_17.JPG

内海聖史_16.JPG

内海聖史_15.JPG 内海聖史_14.JPG 内海聖史_13.JPG

内海聖史_12.JPG


内海聖史_11.JPG



内海聖史_10.JPG 内海聖史_09.JPG 内海聖史_08.JPG

内海聖史_07.JPG 内海聖史_06.JPG 内海聖史_05.JPG

内海聖史_04.JPG 内海聖史_03.JPG 内海聖史_02.JPG

内海聖史_01.JPG




内海聖史_41.JPG



内海聖史_40.JPG


内海聖史_39.JPG 内海聖史_38.JPG 内海聖史_37.JPG 内海聖史_36.JPG

内海聖史_35.JPG 内海聖史_34.JPG 内海聖史_33.JPG 内海聖史_32.JPG

内海聖史_31.JPG 内海聖史_30.JPG 内海聖史_29.JPG 内海聖史_28.JPG

内海聖史_27.JPG 内海聖史_26.JPG 内海聖史_25.JPG 内海聖史_24.JPG

内海聖史_23.JPG

内海聖史_22.JPG 内海聖史_21.JPG 内海聖史_20.JPG

内海聖史_19.JPG



内海聖史_18.JPG



内海聖史_17.JPG


内海聖史_16.JPG 内海聖史_15.JPG 内海聖史_14.JPG

内海聖史_13.JPG 内海聖史_12.JPG 内海聖史_11.JPG

内海聖史_10.JPG 内海聖史_09.JPG 内海聖史_08.JPG

内海聖史_07.JPG


内海聖史_06.JPG


内海聖史_05.JPG

内海聖史_04.JPG 内海聖史_03.JPG 内海聖史_02.JPG

内海聖史_01.JPG



僕が2011年に拝見した展覧会の中でもっとも良かったのがこの内海聖史さんの個展です。一ヶ月に渡るひとつの会期を4つに分け、週ごとにインスタレーションを替えていくという大胆なプランに加え、void+のふたつのスペースをそれぞれの週で対比・呼応させることでそれぞれの展示の見え方を立体的に捕らえることを可能にしていたことにも大いに唸らされた次第です。
しかも、このとき展示された作品はすべてvoid+の応接スペースに全て倉庫然としておかれていたため、それぞれの展示は事前にややネタバレ感があったにも関わらず、実際に展示されたときに出来上がる空間のインパクトは充分に新鮮だったことにも感嘆。内海さんがvoid+のコンパクトなホワイトキューブについて再三仰っていた「どう展示しても良くなってしまう」ポテンシャルに頼ることなく、寧ろ今までにないかたちを創出することでその可能性をさらに引き出して、同時に内海さんのバイタリティもこの空間での展示によって拡張されたようにも思えます。

天井に絵画を展示した第1週、一角の三角のスペースにそのかたちの画面を嵌め込んだ第2週、これまでもさまざまなかたちで提示されてきた12色のパッケージを今回はそれぞれを1枚ごとに配する縦長の画面を繋げて並べた最終週、それぞれに視覚から得られる爽やかで深遠、そして思いがけない大胆さに寄る刺激が痛快だったのですが、僕自身も意外に感じているのがそのインスタレーションのなかでもっともインパクトを感じたのが星形の画面を奥の壁面にストレートに展示した第3週。画面の形状の奇抜さでいえば演出過多とも解釈できてしまうほどで、しかしあの空間に展示されてその空間に接した瞬間、物理的にはわずか数メートル、たったあれだけの奥行きがずいぶんと遠くに感じられるほどのダイナミズムがそこに導き出されていたことに心から感動させられました。

応接のスペースの奥の壁面に展示された作品はそれぞれ内海さんのペインティングそのものの臨場感が力強く引き出されていたように思えます。平面作品の展示としてはまったく奇を衒わない(しかし作品の高さなどは無論考え抜かれている)展示が作品とのプリミティブな対峙を提供し、色彩の美しさやそれらの画面上に置ける配置、さらに綿棒でひたすら置かれていくドットの、その縁の部分が繊細に立ち上がる生々しいマチエルとその凄まじい密集にも引き込まれ、初めてのシルバーの絵の具を貴重とした作品や最終週の画面比でこれまでの3倍の絵の具を乗せたという黒の作品の異様なまでの重厚さにはただただ圧倒されてしまった次第です。
posted by makuuchi at 10:00| review | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。